Ongoing Collective DIARY

2019年9月13日

生まれて初めて入院した。
先週から膝の裏が痛く。思い当たる農作業があったので、筋肉痛であろうと甘くみてた。
その足をを引きずりながら引込線でパフォーマンスをするために所沢まで電車で行った。
座りごこちが悪くどの態勢でも痛みを感じ、乗り換え時もいつもの半分以下のスピードでしか歩けない。
まぁ何かあるんだろう、筋肉痛の酷いやつか、スジを伸ばしてしまったのであろう。その経験もないので、全部想像の範疇。
前回の引込線でも前歯を割ってしまった。
この展覧会では何かそういう運を持ってるのかもしれない。
足の痛みを感じながらベストなパフォーマンスを行い、唖然とする人出来上がったものに興味を持つ人、多分ベストは尽くせたのかと思う。
でいつも通り大酒を喰らい、気の知れたアーティストと焼き鳥を食べに行き、台風予報があったので、所沢のカプセルに泊まった。
5千円であの設備なら満足感あるな。いや、少し高いか、、まぁ疲れてるし、風呂入って風呂上がりの一杯をレストランで頂く。一口からの寝落ち。多分3時間くらいそのまま、お風呂入ってすぐベットに行けば良いのに。
なぜその一口をやってしまうのか。謎、、かれこれ10年近くこの一口をやってる気がする。
でベットに戻り熟睡。
足の痛みは寝ていればほぼない。雨も止んだし、さて電車で、
、、、池袋に着くとJR改札は人で埋め尽くしされてて。ほぼ全線で運転見合わせ。アウチ、大事な仕事が、前橋市であったため、どうしても早く帰らなければ。丸の内線は辛うじて動いてたので、東京駅へ!新幹線はほぼ通常!!切符売り場は120%状態、、少し歩くと空いててかえた!
朝ごはん食べてないから朝蕎麦でしょと、所沢からは早くでなきゃ、池袋も混雑すごいから、東京駅で蕎麦でしょ!朝ソーバ!🎵お店やってないから改札内なら、、ない。ないないないなーーーい蕎麦。仕方なくコンビニでおむすび。高崎ついたら蕎麦屋やってたけど、さっきおむすび食べたし、まだお昼ご飯には早いし、、駅そば無念。
前橋駅から一番近くで帰り道にある整形外科へ!レッツゴー!1時間待ち、、。
お昼でも食べてからかね。何食べよー。あれだけ蕎麦蕎麦言ってたのに、蕎麦かぁって思いが強く。久々にソースかつ丼屋に、定休日。定休日多いな月曜。ってぐるぐる街中を回ってあげく辿りついたいつもの蕎麦屋。
大もりそば!550円!コスパすげ!
美味しく頂いた。蕎麦湯ってすげー美味い、もう麺いらないくらい、蕎麦湯に魅力されている。嘘です。麺あってのお湯。
食べ終わり、診察へ。
足痛いけど、、湿布貼って終わりっしょ。整形外科ってそういうところでしょって、、思ってた。
痛みの原因が。わからない様子?念のため、レントゲンを、んー、骨に異常はない。
熱中症とかで、足が痛くなる可能性あるから、血液検査しとくね。って。自分が今週末から海外遠征のことを伝え、検査も、特急で行なってくれることに。
湿布や、薬をもらい、整形外科高っけーって思いながら。明日また来て下さいとのこと。

前橋市の大事な仕事を挟み、上手い方向に転び?3つの案を出して2つのどちらかに転べば良いかなって。自分1人じゃ出来ない事にチャレンジ出来る事に!嬉しい!ハッピー!
前祝い。すぐ祝うし、祝わずとも飲むし。まぁ飲みにいつもの二軒!最高!

久しぶりの農家に4:30に起きて6時出勤。
ん?見知らぬ番号から電話。昨日の整形外科の先生から。仕事即休んで、午前の診察内に来なさいと。ん?ほへ?
農家の時間感覚と電話向こうでの必死さのコントラストが笑えた。上司に午前であがることを伝え、廃棄のナスを1コンテナもらい、いつものパスタ屋に。届ける。今夏は週一くらいで大量のナスを届けた。今日で最後かも!まだ3日ほど通うかもしれない農家、何故かそう言い放ってパスタ屋を離れた。
で、診察。
1時間待ち、、、
ご飯食べにパスタ屋へ。一人で行くのは初めてだし、パスタ食べるの久しぶり。よく二人で行くがノーパスタ。飲み屋と化してる。

診察
血液検査の結果。筋肉疲労を指す数値が200〜500のところ13000を弾き出してしまった。尋常じゃない数値。、
群大病院の救命救急センターに紹介状を書いてもらい。
診察。点滴、血液検査。。入院ですねー
えっ!っっっ!
足が痛くて病院に行ったら血液検査で入院ってのが頭で繋がらず、、
車椅子に乗り。初めての視点。新鮮。自力ではないのも
CTスキャン。心電図、胸の写真。
いままでフリーターで行なって来なかった健康診断を一気にやった感じかなあ。
で気づくとベットの上。
横紋筋融解症
両側大腿部後面痛
輸液により腎臓の保護をおこなう。
点滴と口からの水分、食事で、ひたすらトイレに行き悪いものを出す。
毎回尿の量を計る。一日目は夕方入院で、1300ℓ、2日目は5ℓ、3日目は4300ℓ
自分の身体の悪さの自覚症状はほぼなく、元気なもんで、、
4人部屋の入り口付近にいるのですが、向かいの人は肺だか、喉だかに穴が空いてしまい漏れてて辛い様子。
隣の人はずっと横になって、モルヒネとか言ってたから、がんなのかなぁ。
毎回看護師さんやお医者が同じ質問されててかわいそう。
申し送りちゃんとしろよって思いながら、まだ見ぬ隣のおじいちゃんを心で応援。
はす向かいのひとは明日退院らしい。
って感じの中にいると申し訳なくなる。
血液はとんでもない数字なのかもだけれど、元気だから、、入院って初めてだから重症とか関係なく割り当てられるんだね、気持ちが辛い。

お隣のおじいちゃんの酸素吸入器?なんの音か、わからないけれど水が空気によってぷくぷくする音ってなんか落ち着くって書きたく長々と書いてしまった。

で本日無事退院。
診察結果を要約すると
動き過ぎ、、、

日記
2019年6月9日

こんにちわ
待ち望まない湿気

日記を書く習慣がなくて、、
自分がずっと続けていることといえば自身の展覧会前に流すbccメール。はじめは1イベント毎の前後にメールをに出してましたが、うざいという意見が増えたため一か月毎に切り替えました。
最初頃のメールでこんにちはの「は」を「わ」とかいてしまい訂正しようと思いましたが、アーティストの吉川陽一郎さんに「わ」の強い感じが良いと言われ10年以上「わ」のまま出しています。
時候の挨拶もオリジナルで端的に考えて書いています。挨拶のファンが増えてきてると共に挨拶だけを読んで情報を見ていない人も増えて来ている気がします。今度のbccは7月になりそう、友人から京都の山奥でパフォーマンスの依頼が来た。京都久々だなぁ

ほぼ毎日、週4~6日ですが農家の駒として働いています。主に雑用手作業をしていて、最近は玉ねぎという名前のついたおもりをひたすら運んでいます。1コンテナ15㎏~20㎏くらいを軽トラックに13コンテナの3段を積み込み、積み下ろしで指定のパレットに6コンテナ5段を積み上げる。を軽トラで10往復、、程
単なる労働者。アートとは程遠い。
でも別の日には使い終わったビニールハウスの雑草を抜き、水路からポントスで汲み上げ消防ホウスのようなものでビニールハウスの中が冠水するようにトンボで均したりしています。すると泥の泡がマーブル状になりなんとも美しい表面を見せてくれます。汚いですが。
農薬散布の際はドローイングの意識も生まれ、天候によっては農薬で虹を描いたりしています。虹と農薬のコントラストを感じながら、日々の仕事の中に作品につながる要素を見つけながらどうにか繋がっているはず、肥やしになるはずと自身に言い聞かせてお金を稼いでいます
まぁ考え方によっては玉ねぎ運びは、筋トレか、、

汗もかくし泥だらけになるし、疲れるし賃金低いし。けど融通きくし
と言いながら6年もたって。将来何かに役立てば良いな

日記かかなきゃと意気込んで、今日はボイスの映画を見てきた
アフタートークで白川昌生さんが嬉しそうに「芸術は糞でしょ」って言い放ったのとボイスの挑発的な姿が少しだけ重なり印象に残った。

村田

Latest DIARY
» 2019年11月12日
スイトピー
» 2019年11月12日
ヨーテボリ滞在記01
» 2019年11月11日
11月7日の日記
» 2019年11月2日
運動会とキムチ
» 2019年10月14日
アメリカ
» 2019年10月10日
ジャスミンティー
Name List