Ongoing Collective DIARY

悪事をとめる夢
2019年5月6日

わたしの夢はえらい。いつも感心してしまう。

なにか悪いことを考えようものならば、わたしに怖い夢をみさせて、その悪いものを取り払おうとしてくる。

 

今朝の夢は、わたし、別の女性、夫の3人で、ホテルのベッドにいる夢だった。わたしがまず女性の身体を触ることになったのだけど、わたしは女性の身体の触り方がよくわからず戸惑い(あるいは女性が演技していると分かってつらかったので)、すぐにつまらなくなって、ひとりでそのホテルの部屋を出た。そのあとすぐに夫もわたしを追ってきてくれるかと思ったのに、夫がその部屋から出てきたのは1時間半後。わたしが去ったあと、別の女性と夫が密室で何をしていたかは分からない。

夢から覚めたあとものすごく悲しくて、現実のベッドの隣ですやすや眠る夫をみてとても安心した。

 

「なんで、こんな夢~」と嘆きたい気持ちでいたら、思い出した。「ああ、そうだ。今日、あのひとのイベントに顔を出そうかどうか迷ってたんだっけ」。「あのひと」というのは昔いろいろあった男性のことだ。今はただの友達だけれど、久しぶりに会うと「じゃあ今度ゆっくりご飯でも」という話になりやすい。ただそれだけのことなのだけど、さっき「夫が別の女と何かをしているかもしれない」と疑った夢の生々しい感触を思い出すと、もうその現実のイベントに行く気を全然なくしてしまった。夢に「ほら、逆の立場だったら嫌でしょう?」と諭された気分だった。うっすらと抱いている罪悪感のなせる技なのか。あるいは夢のお告げか。イベント自体は面白そうだからもったいないけれど、今日は家にいることにした。

 

最近、(特に結婚してから)そういうことが時々ある。日常の誘惑、あるいは不道徳のかけらのようなものを、怖い夢が巧みに遠ざける。

 

そういうとき催眠セラピーで禁煙を成功させた友達が前に話していたことを思い出す。「催眠状態になって、タバコと、自分の嫌なもののイメージを、意識の奥底で結び付ける。そうすると習慣で身体がタバコを欲しくなっても、頭にタバコのことが浮かぶと、セラピーで結び付けた嫌なイメージがいっしょにわいて出てきちゃって気持ちわるくなってしまうから、だんだんタバコが吸いたくなくなる」。わたしの夢も、いまわたしの悪事の種にそんな作用があるような気がする。まんまとうまくやられてる気分。

 

 

なんて言ってるけど。もしかすると夢のことは、外に出かけない言い訳のためのこじつけなのかもしれない。本当はただ最近家にいるのが楽しすぎて、あるいはすでに親しい人と親しくしているのが楽しすぎて、もう遠くへ冒険に出かけたり、分かち合えなさそうな人と何かを分かち合おうとすることに億劫になっているだけなのかもしれない。昔は無理をしてでも、いろんな場所に出向いて、いろんな人と話すことが好きだったのに。今はその無理に価値を見出せない。結婚やら手術やらを経て、以前に比べて自分が「面白い」と感じることが変化したのに、自分自身がその変化にうまくついていけてない感じがしている。いまの自分の興味の輪郭をまだ掴みきれなくてちょっとやだ。

どうしようかなと思いつつ、明日も結局、Amazon prime videoで軽いかんじのドラマを観てしまいそう。危険。

 

うーん、こじらせた33歳(いまの年齢)ぽい悩みで恥ずかしいな、これ。でもせっかく恥ずかしいから日記に書いておこうかなと思った。

ちなみに、先日、こういう話をスピリチュアル系カウンセラーを名乗る男性にした(あるお店で、そういう流れになってしまって仕方がなかった)。「結婚してからどれくらいですか」と聞かれ、「2年半です」と答えたら、「ああ、やっぱり。結婚2~3年目ぽい悩みですよね」というようなことを言われて、なんか悔しかった。

 

夢にかんするメモ:

●平安時代の頃は、「好きな人が夢に出てきたら、相手が自分のことを想っている」と考えられていたらしい。

●以前、認知脳科学研究室に勤めていた頃、先生が「夢に関してはいろんな説がありますが、僕は、夢とは頭のなかにある情報の整理と再構築だと考えています」と言っていた。

●明晰夢(lucid dream)で、自分の夢をコントロールして遊ぶ人たちもいるみたいだけど、たぶん訓練がひつよう。

●金縛りもうまくやればコントロールできるらしい。でも訓練がひつよう。

ふむむ。

 

弘川ゆきえ

 

5月4日の日記 遅くなった
2019年5月5日

自分、根無し草

寂しい

こんなことを書くと、ネガティブイメージなのはわかる。

そうとられるのが嫌だけど、でも書くしかない

外国に住んだことによって、様々な人々と疎遠になり、共有できることも少ないと感じる

寂しいと感じるのは昔からだけど、最近、それにも増して、まるで足がなくなって胴体だけがある

ような感覚がある

上辺だけのコミュニケーションは、昔から嫌いだったけど、最近自分から上辺だけのコミュニケーションしかしない。

それは、人にわかってもらおうとすることを諦めたから

いや、それは何を言っても多分理解してもらえないと思ったから

実家→東京

東京出身の人々は、田舎がないんだろうな、とボヤっと考えて、

それは自分には耐えられないと”思う”

今日は、バスでの東京への移動ではなく、会津鉄道を利用しての移動。

田園風景と綺麗なでかい川が突然顔を出す。

ある女性とどっか行こうかと思って計画していたが、ボツになる

それで、適当に西荻のバーに飲みに行く、

おじさんとオカァチャンと飲んで、おっちゃんがDJをやって、古い80年代の曲を聞かされる

どうやら今日は代わり番こDJをやる、月一の日らしい

隣のおばちゃんがべらべらとしゃべり、旦那が映画監督だと言い、誰?と名前を聞いたら

お茶を濁す

ゴールデン街のジャズバー/シラムレンの話になり、共通の知っている人の話題に

飲んだ後、まだまだ飲み足らず、突然渋谷に行くことを思いつく、

22時。

Rというクラブに行く。普段行くわけでもないけど、たまに行きたくなる時がある

いい感じの曲がかかっていて、二杯ビールを飲んだ。

明日は、レイジ君の5月という展覧会に行く。

久しぶりにアーティストに会うことになるだろう、と期待。

せっかくなので、誰かゴールデン街で飲もうヨ、と提案してみる。

せっかくなので、いつかまた撮影をしたい、と思っている

いや、ゴールデンウィークは久しぶりに実は、毎日撮影をしようと試みていた、

5秒でいいから、それをやっている

 

鈴木光

穴日記
2019年5月2日

今日は穴の仕上げの日。
気合い入れるために朝から駅のそばいちで里芋コロッケそば食べる。コロッケはおいしいんだけど、ここのネギ不味い。あまり食べ物不味いと思わないんだけど、これは不味い、なんか薬品っぽい味がする。食べる度に次はネギ抜きにしようと思うんだけど注文する時忘れてしまう。

 

渋谷に着くと雨降ってる。穴の作業に差し支えるので困る。

 

三茶着いても雨が結構な量降ってて、かなり盛り下がる。盛り上げるためにギャラリーと同じ建物にある、ブルーボトルでコーヒー買おうとするけど、レジがなんかもたついてるから断念する。そしたら少し後でファンキーな顔した店員がギャラリーの方まで来て、飲みますか?と聞いてきたので、奢ってくれるのかと思ったけどそんなことは無かった。

 

断続的に激しい雨。やる気を絞り出して床の養生から始める。

 

気合い入れて穴の中に入り、まずいろいろ写真撮る。雨も止んできて、撮影もひと段落ついたら手伝いの太田くんが来たので、土を掻き出す作業を始める。太田くんが穴の上で土の入ったバケツをうけとってくれて、土囊袋にいれてくれるからめちゃサクサク進められるんだけど、今日はもう造作をしてあるとこがあるので、慎重に進める。造形部分守りながら掻き出すので体勢がキツく汗だくになる。太田くんめちゃ仕事出来て助かる、、感゛謝゛

 

造作の台座部分を仕上げないといけないので、その余力を残しつつ、掻き出しはこの辺でやめにして、成型作業に入る。太田くんが上で待機してくれてるんだけど、人がいると集中できず造形の判断が上手く出来ないので、一人で昼休憩に入ってもらう。

 

一時間試行錯誤しながら作業。考えてたようになだらかにグラデーションしてみると、四角がはっきり見えないのでやめて、ゴツゴツしたところを残すことに。残し方が難しい。自分はわりと作業をやり過ぎる傾向があるので、あまり深入りしないところで止めたいところ。

 

一箇所を深めに削り落として、他をバキバキに掘るとなんとなく良さそうなかんじになった。ギリシャ彫刻みたいな感じ?完成かもしれない。

 

上にあがって休む。造形の作業してると、終わった後あり得ないくらい疲れてる。太田くんが戻ってくるが、作業する気力がないのでとりあえず世間話する。

 

しばらく休んで、ひとりで松屋にいってハンバーグを食ってると、少し元気が戻ってきた。戻って穴を見ると、なんかイマイチな感じ。決心して、もう一度造形。その間太田くんには穴のフタを作ってもらう。

 

かなり集中して一気にぶっこむことができた。細かく削っていくと、細かい粒子の土が周りにできて、ふんわりした感じでよい。途中めちゃくちゃ興奮する。

 

脚立を倒しそうになって、冷や汗かきながら穴から上がると4時26分。かなりいい気がする。完成や。

 

疲れ果てたので、床にひっくり返って休む。

 

太田くんフタが完成しそうな頃に、ゆるゆると片付け開始。穴に仮蓋をして、道具類を全部部屋に入れ、小屋もバラす。小屋バラすと、こんな空間で作業してたのかという感じ。

 

周りの養生もとり、仮蓋もとって、作品鑑賞。まじ意味不明な作品で笑ってしまう。なんだろこれ。

 

下降庭園感ある。なんか隕石みたいな感じもする。いろいろ写真撮るけどスケール感が全然でない。

 

これみんなに実物見てもらいたいなー。

 

展示は5月10日から、三軒茶屋clinicにて!この2年くらい準備してきた自主企画のシリーズ展示の一環で、僕は個展形式で発表します。

よろしくお願いいたします!!

 

「わたしの穴 美術の穴」2019年企画

My Hole: Hole in Art series (2019)

会場 Space23°C 「不定領域」 榎倉康二・高山登・藤井博

会場 CAPSULE「享楽平面」 石井友人

会場 clinic「下降庭園」 高石晃

会期:2019年5月10日(金)ー6月9日(日)

開廊日時:金・土・日 12:00-18:00

企画:「わたしの穴 美術の穴」製作チーム

助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

協賛:株式会社秋葉機関

展覧会URL: https://myholeholesinart.jimdo.com/my-hole-hole-in-art-series-2019/

 

高石 晃

「街道」
2019年5月1日

 

・善福寺池写生
・とうげい
・ジム行く
・小説書く

 

 

「街道」

 

よく通る街道沿いにラーメン屋があります。
けっこう流行ってるぽいラーメン屋なんだけど、駐車場がその街道を挟んだ反対側にあるわけ。で、横断歩道が近くにない。だから、その道を作業着着たおじさんたちや、ジャージ着たカップルなんかがお腹を空かせてボンボン渡る。信号待ちの車の後ろからひょこって顔だして対向車確認して。
ゼッタイいつか死人が出るから、そのラーメン屋には行ったことないけど(おいしそう。)、その道をよく通る身としては、いずれ死人が出る前に、なんとかしろよ、ってそのラーメン屋に言った方がいいって気がしてきたんです。
でも、ラーメン屋のある方には駐車場がないのかもしれないし、あったとしても空いてなくて借りれないのかもしれないし、道を渡るなってお店にデカく張り紙出してるかもしれないし、一番心配してるのは店長かもしれない。
だいたい、お店側に駐車場あったら絶対そっち借りてるよね。
でもまじで危ないから、渡るな。
てか、横断歩道あればいいんだよね。市長に手紙書けばいいんじゃない?!前、暗すぎる帰り道に街灯がないから、つけてくれって市長に手紙書いたら付けてくれたって友達が言ってた。それだわ。
でもなあ、ラーメン食いたい奴がお腹を空かせて道をボンボン渡っちゃって危ないから横断歩道作ってって言ってやってくれんのかな?

 

 

◉時間ができたらやりたいこと

 

 

出津京子

リレー日記
2019年4月30日

毎日コレクティブメンバーがリレー形式で日記を書きます。

空白の日もあるかもしれない
気分によって

はじまります!